【運が悪くなる理由】幸せに生きる上でやってはいけないこと10選!!

カルマの法則とは?

「最近運が悪いなぁ」
「どうして自分だけこんなに運が悪いのか」
と感じる事ってありませんか?

・何をやっても上手くいかない
・ケガすることが多い
・人間関係でトラブルが続く
・私物を落とした、盗まれた
このように、努力しているのに嫌な事ばかり起こったり、何も上手くいかずにイライラして、更に嫌な事が続いてしまう時もあるかと思います。
実は、運が悪い原因を作っているのは自分自身なのです。
それは、全ての人にはカルマの法則が働いているからです。
今回は、運が悪くなる原因や幸せに生きる上でやってはいけないことを10個ご紹介します!
※当ブログサイトでは、世の中の人が日常で抱えている悩みや疑問に対して、カルマの法則を用いて解決策の説明、考察などを行っています。

カルマの法則とは?

まずは、「カルマの法則」を簡単に説明します。
カルマの法則とは、自分が過去にやったことが同じような形で返ってくる、という法則です。
他人に良いことをすれば良いことが、悪いことをすれば悪いことが自分に返ってきます。
そして、身に起こる出来事全ては、過去の自分の行動が原因であることが言えます。

【カルマの法則】自分が変われば周りも変わる!誰でも使える平等な法則
皆さんは、生きていく中でこのような悩みや疑問を持ったことはありませんか? 理由は分からないけど、自分の身の周りに起きる出来事ってたくさんありますよね。 それが起こる理由は運命や才能という言葉でしか説明ができないじゃな...

運が悪くなる理由

それでは、運が悪くなる理由を順を追って説明します。

まず、今現在、良いことが起きやすいか、悪いことが起きやすいかは良いカルマの量(過去に良いことをしたカルマ)悪いカルマの量(過去に悪いことをしたカルマ)のバランスによって決まります。
良いことにしろ悪いことにしろ、やったことから逃れることはできず、必ず返ってきます
そのため、まだ返って来ていない「良いカルマ」や「悪いカルマ」は目に見えないパラメータとして蓄積されます

良いカルマ」は、他人の悩みを聞いてあげたり、町のゴミを拾うなど、他人に対して良いことをすることで蓄積されます。
そして、自分の願望が叶ったり、快適さや幸福を感じるなど、自分に取ってプラスになる出来事として返ってくるので、そうすると「良いカルマ」は消費されます。

悪いカルマ」は、物を盗んだり、他人に悪口など、他人に対して悪いことをすることで蓄積されます。
そして、逆に自分が盗まれたり、悪口を言われるなど、自分に取ってマイナスになる出来事として返ってくるので、そうすると「悪いカルマ」は消費されます。

良いカルマ」が蓄積されているほど良いことが起こり、「悪いカルマ」が蓄積されているほど悪いことが起こりやすいです。

では、この考え方を使って、運が悪くなる理由を考えてみましょう。

例えば他人を不愉快にさせる行動を取ったとしましょう。
すると、「悪いカルマ」の量が増え、自分に取って嫌な出来事が起こりやすくなります。
しかし、普通の人はカルマの法則を知らないので、「悪いカルマ」になる言動を取り続けてしまいます。

まとめると、運が悪くなる由は、自分が他人を不愉快にさせるなどの「悪いカルマ」を増やす言動を取り続けているからです。
つまり、運が悪い原因を作っているのは自分自身なのです。

幸せに生きる上でやってはいけないこと(悪いカルマを増やしてしまう言動)

幸せに生きる上でやってはいけないこと、つまり「悪いカルマ」の量を増やしてしまう言動をご紹介します。

1.生き物を傷つけたり殺すこと

傷つけたり殺したりする人の特徴として、自分だけを守りたいという気持ちや他人に対する怒りや冷たさがあります。
この怒りや冷たさを持って他人に接するわけですから、その相手も同様に自分を守るために怒りや憎しみをこちらに向けてきます。

例えば、釣りが趣味な人は多いと思いますが、それは魚を殺してしまうことになってしまうので、良くないです。
また、他人への暴力もやってはいけません!

生き物を傷つけたり殺してしまうと、このような形で自分に返ってきます。

・いじめられる
・事故にあう
・暴力を振るわれる
・ケガが増える
・短命になる
・心が殺伐とする

なので、生き物を傷つけたり、殺さないだけで、心が安定したり、長生きができるようになります。

2.物を盗むこと

盗みは欲張って何かを得ようとする気持ちの現われです。

落ちているお金を自分のものにする、万引きをするなどなど、物を盗むこともやってはいけません!
これは、借りたものを返さないことも入ります。

盗みを働いてしまうと、このよう形で自分に返ってきます。

・自分の物が盗まれる
・飢え、なくしてしまう、経済的に貧しくなる
経済的に豊かになりたいのに盗んでいるのに真逆な結果を招いていますよね。
カルマの法則で考えると逆に自分のものを分け与えたり寄付などをすることで、経済的に豊かになっていきます。

3.浮気や不倫、恋人ではない人と淫らな行為をすること

年齢制限のマーク(R-18)

不倫、浮気、セ○レを作る、援助交際、風俗など、これらも行ってはいけません!
特に、夫婦の間では互い独占しようとする気持ちがあり、それを壊すことになります。
芸能人でこれらが問題となって失敗している人は沢山いますよね。

このような淫らな行為をしてしまうと、このような形で自分に返ってきます。

・今度は自分が不倫や浮気をされる
・対人関係が悪くなる
・快楽を満たすための手段として使われる
すでにやってしまっている方は、これを辞めることで、周りから信頼されるようになったり、エネルギッシュになることができます。

4.嘘をつくこと

デマをばらまく人のイラスト

嘘とは、自分をよく見せたい自己利益を守りたい、という気持ちからものを覆い隠そうとする行為です。
例えば、本当は168cmの身長なのに、170cmと言ってしまう。
これは、自分の身長を少しでも高く思わせたいがために言ってしまっています。
しかし、嘘をついた人は現実と自分のついた嘘との間で大変苦しむことになります。

このような心の背景で嘘をついてしまうと、このようなデメリットがあります。

・だまされる、信用を失う
・自分のついた嘘で悩む、葛藤してしまう
・自分が何を考えているのかが分からなくなっていく
・覆い隠したいという心の働きが大きくなることで、カルマの法則のやったことが返ってくるまでが遅くなる

逆に、嘘をつかず正直でいることで正しい判断をしやすくなったり、言ったことが本当に起きやすくなっていきます。

5.冗談やシャレを言うこと

うっそーんの写真

これは良いことなのでは?と思う方も多いかもしれません。
しかし、冗談やシャレというのはその場では楽しいかもしれませんが、ただ面白いだけでその言葉自体に意味はありません。

このように、意味のない必要のない言葉や、心にもないことを多く話してしまうと、このようなデメリットがあります。

・説得力がなくなる
・必要のないものが周りにそろう
・軽薄に見られ、信頼や尊敬をされなくなる
・心で思ったことが達成しにくくなる

なので、必要な言葉を適切に使うことでこのデメリットと逆の効果が現れるはずです。

6.愚痴を言うこと

リベンジ弁当のイラスト

お酒や女子会の場などで、愚痴を言ってストレス解消する人はたくさんいますよね。
また、自分は愚痴を言っていないにしても他人が言った愚痴に相槌を打ってしまう、これもやってしまいがちですよね。
しかし、カルマの法則で考えると、このような形で自分に返ってきてしまいます。

・愚痴を言うことでいつか自分も愚痴を言われる。
・愚痴を言う人ばかりが自分の周りに集まる。
なので、普段から優しい言葉をかけることを意識すれば、周りから親切な言葉をもらえたり、人間関係が穏やかになります。

7.仲を引き裂く言葉を使うこと

悪い噂を流す人のイラスト

イライラして友人通しで喧嘩をさせたり、恋人と恋人の浮気相手を離れさせたりするときに、使う言葉や行動も結局自分を不幸にしてしまいます。
このように、人と人との仲を引き裂く言葉を使うと、このような形で自分に返ってきます。

・今度は自分が仲を引き裂かれる
・人から信用を失う、恨まれる

なので、例え友達同士で仲の悪い人がいたとしても、その仲を取り持つ言葉をかけてあげることで、その人達からの信頼が増したり、素晴らしい出会いがこの先にやってくるでしょう。

8.食べ物や金を欲しがりすぎる気持ちを持つこと

ジャンクフードにハマってしまう男性(メタボ・肥満)の写真

これがもっと欲しいという気持ちは際限なく拡大していきます。
何かを手に入れるとすぐにまた次のものが欲しくなってしまう。
このように、常に渇望が起きている状態では、永遠に満足度を高めることができません。

また、カルマの法則を加味して考えると、ものを欲しがりすぎるデメリットは以下のようになります。

・ものを欲しがりすぎる人が周りに集まり、奪い合いになることがある
・満足を得ることができない

なので、あるもので満足する得られたものに感謝して逆に人に分け与える心を持つなら、より幸せを感じられるでしょう。

9.イライラする気持ちを持つこと

文字付きの表情のイラスト(男性・イライラ)

イライラしてしまう心の背景には、他人に嫌悪する気持ちや自分を守りたい気持ちが存在しています。
つまり、気持ちを強く持ち続けていると、自己中心的になってしまい、自分が得するためには他がどうなろうと関係ない、という状態になってしまいます。
こうなると、周りのことを理解することもできないし、常に利害関係による人間関係しか作ることができなくなってしまいます。

つまり、イライラしてしまうと、このようなデメリットがあります。

・怒りや嫌悪の強い人が周りに集まる
・敵がたくさんできる

逆に、他人に優しく接しようと努力することができれば、優しい人が周りに集まり、穏やかに生きることができるはずです。

10.今がよければ良いという気持ちを持つこと

妊娠中にお酒を飲む女性のイラスト

「今さえ良ければいい」「今、目の前にある楽しみこそが幸せである」
このような考え方にとらわれていると、本当に自分を幸せにしてくれるものが見えづらくなってしまいます。
例えば、飲酒やタバコなどを毎日していると、その時は自分を満たしてくれかもしれませんが、後々病気になってしまい大変苦しい思いをしなければなりません。

そのため、今がよければそれで良いという気持ちを持つと、このようなデメリットがあります。

・一時的な快楽や喜びを味わっても後で苦しむ
・人生を狂わしてしまう

逆に、将来を見すえて行動ができれば、本当に自分を幸福にしてれるものに出会えたり、思った通りに人生を歩むことができるようになります。

まとめ:自分の言動を日々見直そう!!

いかがでしたでしょうか。
運を悪くしてしまう行動を10個紹介しましたが、意外と自分に当てはまるものが多かったのではないでしょうか。

日々、自分の行いをこの記事と照らし合わしながら見直していければ、必ず良いことがやってくるでしょう。

運を下げる言動リスト
□生き物を傷つけたり殺すこと
□物を盗むこと
□浮気や不倫、恋人ではない人と淫らな行為をすること
□嘘をつくこと
□冗談やシャレを言うこと
□愚痴を言うこと
□仲を引き裂く言葉を使うこと
□食べ物や金を欲しがりすぎる気持ちを持つこと
□イライラする気持ちを持つこと
□今がよければ良いという気持ちを持つこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました