【カルマの法則】自分が変われば周りも変わる!誰でも使える平等な法則

カルマの法則とは?

皆さんは、生きていく中でこのような悩みや疑問を持ったことはありませんか?

思い通りに事が進まない…
人間関係が上手くいかない…
運命は決まっていて変えることはできないのかな?

理由は分からないけど、自分の身の周りに起きる出来事ってたくさんありますよね。
それが起こる理由は運命や才能という言葉でしか説明ができないじゃないか、なんて思うことも。

実はあなたの身に起こる出来事は、「カルマの法則」という法則で全て説明をすることができます。
そして、カルマの法則を理解できれば、周りの出来事が良い方向に変化し、自分の思い通りの人生に一歩近づくことができます

本記事では、当ブログサイトのメインテーマである、カルマの法則について解説します。

※当ブログサイトでは、世の中の人が日常で抱えている悩みや疑問に対して、カルマの法則を用いて解決策の説明、考察などを行っています。

カルマの法則とは?

カルマの法則とは、自分が過去にやったことが同じような形で返ってくる、という法則です。
他人に良いことをすれば良いことが、悪いことをすれば悪いことが自分に返ってきます。
行動だけではなく、他人に対して口で言ったこと、心で思ったことも自分に返ってきます

例えば、いつも自分に優しくしてくれる人に対して、感謝の気持ちが出たりお返しをしたくなりませんか?
また、自分の友人を見渡すと趣味や考え方など自分と似た要素を持っている人が多くないですか?

これらは、今までの習慣や行動が返ってきている。つまり、カルマの法則によるものだと言えます。

カルマの法則は、心の働きが大切

カルマの法則は、過去にしたことが返ってくるという説明をしました。
しかし、自分がやったことが必ずしもダイレクトに結果を招くとは限りません。

例えば、「うっかり相手にぶつかり痛い思いをさせてしまった」というのと、「以前から気に入らなかった後輩にわざとぶつかってスッキリした」という場合があったとします。
この場合、わざとぶつかった時の方が相手に対する嫌悪も乗せて相手にぶつかっているので、その分カルマの返り方は重く激しいものになります

つまり、カルマの返り方は言動に限ったことではなく、心の働きによっても変わっていきます。
「あの人は気にくわない」「あの人は感じの良い人だ」と心中で思っているだけでも、いつか自分に対しても同じ感情を抱く人が現われます。

そのため、自分を良い方向に変えたいのであれば、日々自分の行動言葉に注意して行動する必要があります

身に起こる出来事は過去にやったことが原因

カルマの法則は、過去にしたことが返ってくるという説明をしました。
これは言い換えると、自分が今現在、身に起こっている出来事は過去に自分がなした行動発した言葉抱いた心に原因があるということです。

では、次の出来事を見て、過去にどんな行動を取ったことで起こった出来事であるかをカルマの法則で考えてみます。

上司に理不尽なことを言われる
ケガが多い。体が痛い。事故にあう
ボールを人に当てて、その人に怒られる

①上司に理不尽なことを言われる

これは、過去に自分も同様に理不尽なことを人に言ったことが原因だと考えられます。

また、理不尽なことを言う人の心理を考えてみましょう。
少なくとも間違っていることを正そうとか、より良くするための提案をしようとする気持ちで言葉を発しているわけではないですよね。
直接理不尽な事を言っていないにしても、悪意ある心の背景で人と接していると、理不尽な扱いをされる、という結果を招いてしまうかもしれませんね。

②ケガが多い。体が痛い。事故にあう

これは、いずれも自分の体が傷つく、という結果が生まれています。
ということは、過去に自分が他人を傷つけたり、虫や生き物などを殺した、などの行動を取ったことでそのカルマが返ってきていると考えることができます。

③ボールを人に当てて、その人に怒られる

デッドボールのイラスト

これは一見、ボールを人に当てたことが原因であると考えがちです。
しかし、カルマの法則で考えてみましょう。
ボールを人に当てるという行為は、相手に物理的な痛みを与えるという行動です。
それは、悪意があって意図的に当てたのかもしれませんし、うっかり当ててしまったかもしれません。

一方、怒ることは相手に物理的な痛みを与える行動ではありません。
相手に痛みを与えたら、自分が痛みを与えられるカルマが返ってくるはずです。
つまり今回の場合、ボールを当てたことは、原因ではなく怒られるという結果を招くための条件であると言えます。

よって、怒られるという結果を招いた原因は、過去に同じように他人を嫌悪したからであると考えられます。

この例は少しイメージするのが難しいかもですが、なるべく正確に現象を見つめることが大切です。

幸福になりたければ?やるべきこと!

カルマの法則で考えると、自分が今現在、身に起こっている出来事は過去に自分がなした行動、発した言葉、抱いた心が原因であることが分かりました。
例えば、相手との関係が上手くいっていないとしたら、相手のせいではなく自分自身がカルマの法則をマイナスに働かせている可能性が高いです。
つまり、人間関係や運を良くしたいと思ったら、自分自身が良い方向に変われば周りも良い方向に変わるということです。

具体的にどのようなことを心掛けていくべきかを2つご紹介します。

相手を思いやる行動をとる

1つ目は、相手を思いやる行動をとることです。

人は自分を中心に考えてしまいがちです。
例えば、電車で席が空いたとき、周りを構わず全力で座りにいく(笑)

カルマの法則で考えると、例えば人に優しく接すれば今度は自分が優しくしてもらえます。
逆に、人を傷つけるほど自分が傷つけられます。
このように、相手を思いやる行動ができる人ほどより良い人生が待っていると考えることができます。

私はカルマの法則を知り、学生時代のバイトで進んでサービス残業をしていたところ、今は先輩が休暇の日でも私の仕事で分からない点を教えてくれる素晴らしい環境で働けています!!

他人が得する行動を意識すれば今度は自分が得をします。
認められたければ、まずは人を認めてあげましょう。
物質的に豊かになりたければ、人にお金や物を分け与えましょう。

嫌なことがあってもそれを素直に受け入れる

叱られる部下のイラスト(男性・へらへら笑う)

まず意識するべきことは、その嫌なことが起こった原因は自分にあるという認識をすることが大切です。
自分にとって嫌なこと、思い通りにならないことがあったとき、それを周りや環境のせいにしてしまうことってありますよね。
ですが、カルマの法則で考えるとその出来事が起こった原因は必ず過去のあなた行動にあります
さらに、周りのせいにすると今度は未来に自分のせいにされるという形で返ってきてしまうので、素直に出来事を受け入れることが大事です。

そして、嫌なことが起こったときは逆にそれを喜ぶ、相手に感謝してみて下さい。
なぜなら、過去に自分がやったことが返ってきているので、これ以上相手にマイナスな感情を向けなければ嫌なことが起こらなくなるからです。
言わば、過去に行った悪い行動という借金を返済しているというイメージです。
その中で相手を思いやる行動ができれば、あなたに取って良い出来事ばかりが起こります。

私の知り合いは、仕事でお客さんの応対が冷たかったそうです。
そこで、彼は冷たい対応をされたとき、この嫌なことがあってもそれを素直に受け入れることを意識しました。
すると、お客様先に元気な従業員が入社し、元々冷たい対応をしていたお客さんからねぎらいの言葉をかけてくれるようになったそうです!

カルマが返る時間人によって違う

イライラと待つ人のイラスト

自分がある行動を取ってから、それが返ってくるまでの時間は人や場合によって異なります。
自分のやった事が翌日に返ってくる時もいれば、1週間、1ヶ月、1年後に返ってくる人もいます。
このカルマの返りが遅い人ほど、カルマの法則の因果関係を実感できないので、知らぬ間に自分を苦しめる行動を自ら取ってしまいます。

例えば、怒られたときに相手を嫌悪する。
そして、その相手に嫌悪したカルマが返ってきて、また怒られたときに相手に嫌悪する。
このように、負のスパイラルに陥り、なかなか抜け出すことができません

なので、例えやったことが返ってくるという実感が湧いていない方も、とりあえずカルマの法則を頭に入れて生活することで徐々に変化が見えてくると思います。

カルマの法則を意識しても効果が出ない人へのアドバイス

効果を期待し過ぎないこと

ポジティブな人のイラスト

これまで述べた通り、カルマが返ってくるスピードは個人差があるため、人によっては効果が現われるまで時間がかかることがあります。
この時に、焦りは禁物です。焦ってしまうと、例えば
何で自分はこんなに人に尽くしているのに!あの人は態度を変えようとしないの??
と変化しない周りに対してネガティブな感情が芽生え、これまでしてきた相手を思いやる行動が全て無駄になってしまいます。

このように、ネガティブな感情が湧いてこないよう、効果を期待しないくらいでちょうどいいのです。
逆に、効果を期待しない方が、かえって効果が早く現われる場合もあります。

とりあえず継続してみること

会社でいやいや働く人のイラスト(男性)

周りを良い方向に変化させたいと思って、カルマの法則を意識した言動を心掛けていくと、逆に周りの状況が悪化したり自分にとって嫌な出来事が起こることがあります

しかし、それは一過性のものなので気にしなくても大丈夫です。
これは、自分が過去に行った悪い要素が返ってきているだけなので、少し耐えれば抜けることができます

嫌な事が起きている時は辛く感じられるかもしれませんが、それを素直に受け入れながら実践し続けることが大切です。

まとめ:カルマの法則を意識して思い通りの人生を!

いかがでしたでしょうか。

カルマの法則で考えると、運命は決まっているものではなく、変えることができるということが分かります。
あなたが今現在、どんな境遇にいたとしても、才能がなかったとしても、誰でも活用できる平等な法則です。
日常生活の中でカルマの法則を意識して行動できれば常に未来は明るいです。

そして、全ての悩みはカルマの法則を考えれば解決することができます
もし何か抱えている方がいれば、連絡を下されば対応します!

カルマの法則…やったことが返ってくる法則
⇒今身に起こっていることは、自分が過去の行動が原因
どうすればいい?
⇒相手を思いやる行動をとる
⇒嫌なことがあってもそれを素直に受け入れる

コメント

タイトルとURLをコピーしました